カバ

アルバムの目次に戻る


分類:偶蹄目カバ科
生息地:アフリカのサハラ砂漠以南の川や沼、湖など
大きさ:体長3.5〜4m、体重2〜3t
特徴:目と耳と鼻の穴が顔の上側にあり、体が水中にあっても目と鼻だけを水面にだして呼吸することができます。草原の川や湖などに5〜15頭、ときには30頭ほどの群れをなしてくらし、日中は水に浮いたり、水辺に寝転んで過し、夜、陸に上がってきて草を食べます。

この情報は財団法人東京動物園協会HP「東京ズーネット」を参考にさせて頂きました。